" "

未分類

英語をネイティブのようにTPR指導法って?

英語を学ぶ方法にはたくさんの
手法がありますが、

今日はTPR指導法について
お伝えしたいと思います^^

 

TPRとは
Total Physical Responseの略で

日本語だと
全身反応教授法と訳されています。

アメリカの心理学者
ジェームス・アッシャーさんが1960年に
提唱した外国語教授法で、

具体的には、
講師は英語だけで子どもに指示をだし、
動作を見せて意味を意味を
理解させていくもの。

 

幼児が母語を覚えるプロセス
そっていて、
さまざまな機関がさまざまな言語で
その効果を実証済みの指導方法です^^

 

具体的なやり方は、
例えば、立って、座って、歩いて
などを英語で言い、動作を見せます。

英語を聞いて動作を見て、
まねてできるようになったら、
講師は動作は見せずに言葉だけ伝え、

子どもたちが英語の指示通りに
できているか、動作を見ることで
確かめて、

できるようになったら
新しい言葉を増やしていきます。

ゲーム感覚で新しい言葉を
頭の中で日本語に訳すことなく
理解することができますし、

楽しいという「快」の感覚があるとき
記憶力もアップするので
定着もよくなるんです^^

 

 

私もこの指導方法は大好きで、
「この動作ができるようになったら
次はこれを取り入れよう♪」と
楽しくレッスンプランを立てています^^

 

継続的にTPRを受けていると、

「音声」と「意味」を
自然と結びつけることができるように
なりますし、

言葉をかたまりとして
理解する習慣もつき、

言葉への反射力もよくなります^^

 

これってすべて、
コミュニケーションのスキルとして
英語を身につけるためにとっても
大事なことなんですよ^^

 

ではまた^^

 

TPR手法も取り入れた
ステップワールド英語スクール
「スマイルイングリッシュ」の
体験レッスンはこちらから

 

 

  • この記事を書いた人

SmileEnglish

-未分類

" "

© 2021 英語で自信と握手する!スマイルイングリッシュ【ステップワールド・オンライン教室】 Powered by AFFINGER5