" "

未分類

小学校の英語はいつから?

日本では10年に1回、
学校の教育指導要領が変更になります。

2020年から始まった
新しい指導要領で注目されているのが

コンピュータープログラミング教育が
小学校で「必修」の科目になったことと、

5、6年生の「必修」だった英語が
「教科」になり、

3年生から英語を「必修」として
教えるようになったことです。

 

今回は必修と教科の違いを
解説しますね^^

 

必須と教科のちがい

小学校で英語の授業がはじまったのは
2008年度から。

小学校5年生から「必修」として
英語に親しむことを目標に
始まりました。

学校では
「外国語活動」として
英語に触れて楽しむ目的で、

受け持つ先生が自由に
授業内容や教材を決めることが
できます。

教科書も決まっていないので
成績がつくこともありませんでした。

 

それが、2020年からは
高学年の英語は教科になりました。

国語や算数と同じように
決まった教科書があり、

「楽しく学ぶ」と言うよりは、
単語を覚え、文法を学び、
「成績がつく」ことを
意識するようになります。

 

中学校でも、
英語の授業は英語で行うことを
基本とする、となっているので、

小学校のうちに
基本的な英語力をつけて
中学校にあがり、

中学校、高校を卒業する頃には
コミュニケーションの手段として
英語を使える子どもたちを
増やしたいねらいがあります。

 

日本人の英語力ランキングが
国際的に10年連続で落ちていますが、

世界的には英語が話せることが
どんどん当たり前になっているので、
英語学習の低年齢化は
今後もますます進んでいく
ことでしょう。

2019年に
子どもたちを連れてハワイに
遊びに行ったとき、

ホテルのプールで
子どもたちと同じ年頃の
子どもたちが、

国籍はバラバラなのに
当たり前のように英語で
コミュニケーションを取り、

友達の輪がどんどん
ひろがっていくのを
目の当たりにしました。

我が子にも当然、
当たり前のように英語で
話しかけてきて、

最終的に言われたのが、

Why he doesn't speak English?

あどけない表情で率直に
さらっとそう聞かれました。

 

私がいちいち訳しているのが
不思議だったようです。

私が

He hasn't studied English.

But he just said he wants to learn how to speak.

と答えると、

 

それなら◯◯っていうアプリがいいよ!と
息子に向かって丁寧に
ゆっくりな英語で教えてくれました。

英語でのコミュニケーションが
あたり前の世界にどんどん
なているのは事実。

 

そんな世界に羽ばたく子どもたちを、
しっかりサポートしてあげたいですね^^

 

 

 



  • この記事を書いた人

SmileEnglish

-未分類

" "

© 2021 英語で自信と握手する!スマイルイングリッシュ【ステップワールド・オンライン教室】 Powered by AFFINGER5